■ゆきわりそうグループのあゆみ
深い山間の雪の下から芽を出し
小さな可憐な花をさかせるゆきわりそう
大都会の住宅街の中に
1982年7月突然、誕生しました

芽が出てふくらんで
花が咲いてジャンケンポン
勝っても負けても泣き笑い
うるさいと怒鳴られて
虫けらのようにきらわれたこともあったっけ

でもたくさんの小さな優しい親切に
助けられてなぐさめられて
年月を重ねてきました

日々筋書きのないドラマのように
ゆきわりそうは展開していきます

言葉だけでなく
写真だけでなく
ありのままの姿を見てもらえたら
この時代に生きる私たちが
見えてくるかもしれない

 > HOME >ゆきわりそうについて…ゆきわりそうのあゆみ>


禁:無断転用