レンガの家 はじける夏!!「夏の音楽会」 


■音楽会の様子です。画像をクリックしてください。大きく表示されます。
本番前に会場の息を合わせて
和太鼓教室のみなさん
父兄や他の教室の先生も参加して
ゴスペル教室のはる先生
はる先生とパンダ先生のデュエット
Nさんがコンダクターになって
レッツ音楽のメンバーと古田先生
古田先生のピアノ伴奏で…

◎8月14日「夏の音楽会」〜レンガの家の振り替えプログラム
 夏休みは長いから、家族は毎日どういう過ごし方をしようかなといつも苦労をします。 今年のプログラムはゆきわりそうレンガの家の音楽チームがドーンと一堂に会した発表会なりました。会場にはあふれるほどとてもたくさんの方がみえました。
 和太鼓教室はあの有名な高橋明邦先生による一流のパーカッションや笛による演奏。

 満場からの大拍手のあと和太鼓教室のメンバーによるスイカの名産地などの演奏。粋なハッピ姿での息の合った演奏です。

 そのあと会場中を三つに分けてみんなでステージに登場。ご父兄や音楽の専門家達が高橋先生の指揮のもとビシリと決まった音が会場中を興奮させました。

 ゴスペルは、はる先生のチーム。今はとてもメジャーになられた「ココロコ」の皆さんとゴスペル教室や会場との交流は見事な躍動感にあふれ、体と心と声が一体となり会場をゆるがしました。はる先生は「これが本当のゴスペル」と涙をにじませていました。
 
 レッツ音楽は「障害者はこんなに歌がたのしいの」と納得するような声や体や表情がよかった。そのよろこびは一人一人の心に響いてきます。
 古田先生と障害者たちとの本気な仲間意識はこれからも次々と素敵なものを産み出していくでしょう。
 
 最後はいつものゆきわりそうオリジナル。
 〜ゆきわりそうサンバ・今日からともだちゆきわりそう・さよならバイバイ〜
 
 夏休みはまだ長い 
 暑さに負けず「ガンバロー」で終わりました。
 フィナーレはみんなでいつもの曲                (姥山寛代)

 > HOME > イベントのご案内 >  レンガの家 はじける夏!! 「夏の音楽会」