涙と拍手 感動の3級ヘルパー終了式
〜2004.4.29 夢伝大会〜 

 4月29日 みどりの風がふく皇居夢伝の最終は10名の3級ヘルパーの修了式でしめくくられました。
 修了した10名の人たちの9名が知的障害者、1名は引きこもり、登校不能な方です。
 2月から4月にかけて3ヶ月で修了にこぎつけました。
 世話される人から世話する人へ、そしてなくてはならない人への新しいスタートです。
 これまで10年余をかけての就労をめざしたトレーニングの末迎えた資格取得に本人もさることながらご家族、関係者たちの涙と拍手が350名の会場に感動の波をおこしました。
 一人一人、みんな訳ありの方々です。修了証を手渡し握手をし、だきあうとやっぱり涙がとまらないのでした。
 労賃も今までよりもはるかに高いものになります。経済的にも自立できるでしょう。
 万歳!ことさらに高い空、さわやかな風の吹く日でした。


               
                              ゆきわりそう
                              代表  姥山 寛代
         

<TOP>