●姥山寛代の詩歌

「雑木林で夢をみた」
第6回であいの家合同慰霊祭によせて
平成17年10月22日(土)
姥山寛代

雑木林に降る雨は
サワサワサワと音がする

雑木林に佇めば
鳥も飛ばない 蟲も鳴かない
ただサワサワと雨の音

であいの家に住みたもう
なつかしく なつかしく
思い出される友たちよ

ふと耳にするざわめきに
たしかに聞いたざわめきに
見わたすあたりに姿なく

雑木林で夢をみた
雑木林の雨の中
涙たたえて立ちすくむ

雑木林の雨の音
ただサワサワと降るばかり
                  
■姥’Sトークの更新ログ
●わが友は逝く(山本良夫氏 納骨式に思う)
●第17回ミュージックパーティーの新成人のお祝い〜2004.12.23
●八丈島第九コンサートと夢伝
●詩歌「ある日海に教えてもらった」

●地域福祉研究会ゆきわりそう −「みらい」発足へ−
●ポシェットのメンバー向原中学校で講演〜2004.6.11〜
楽しかったね!五月の風コンサート〜5月3日in光が丘IMAホール〜
●涙と拍手 感動の3級ヘルパー終了式〜2004.4.29 夢伝大会〜
 2004.0501


                

> HOME  > 姥山寛代の詩歌もくじ > 雑木林で夢をみた